飛蚊症

飛蚊症とは?

あなたも一度は経験しているかも…
明るい所や白い壁、青空などを見つめたとき、目の前に虫や糸くずなどの「浮遊物」が飛んでいるように見えることがあります。視線を動かしても一緒に移動してくるように感じられ、まばたきをしても目をこすっても消えませんが、暗い所では気にならなくなります。
このような症状を医学的に「飛蚊症」と呼んでいます。

眼の前を飛ぶ「浮遊物」の形のいろいろ

  • ※下のイメージは横スクロールでご覧頂けます。

目の前を浮かんで飛んでいる「浮遊物」の正体は?

その正体は目の中にあったのです!
眼球の中の大部分は、硝子体(しょうしたい)と呼ばれるゼリー状の透明な物質がつまっています。
角膜と水晶体を通して外から入ってきた光は、この硝子体を通過して網膜まで達します。
ところが硝子体に何らかの原因で“濁り”が生じると、明るい所を見たときにその濁りの影が網膜に映り、眼球の動きとともに揺れ動き、あたかも虫や糸くずなどの「浮遊物」が飛んでいるように見え、飛蚊症として自覚されます。

  • ※下のイメージは横スクロールでご覧頂けます。

この“濁り”には、生理的な原因によるものと病的な原因によるものがあります。

  • 近視が強い

    若い方でも現れることがあります。生理的なものです。

  • 年齢的変化

    皮膚でいうしみのようなもので、生理的なものです。

  • 病的飛蚊症

    網膜に穴があいたり(網膜裂孔)、出血などで現れるため、レーザー治療が必要になることもあります。飛蚊症が出現したり、増えたりしたら眼科を受診してください。
    しおどめ眼科では網膜裂孔にレーザー治療ができます。

PAGETOP