近視進行抑制0.01%アトロピン点眼

アトロピン点眼液は眼軸長を進展させる働きのあるムスカリン受容体をブロックし、近視の進行抑制があると考えられています。以前から1%アトロピン点眼液は眼軸長の進展抑制があると考えられていましたが、長時間瞳孔が開く作用により、ぼやけ・まぶしさが生じ、治療として応用することができませんでした。しかし、この1%アトロピン点眼液を100倍に希釈した0.01%アトロピン点眼液で検討した結果、効果はやや劣るものの副作用はほとんど認められず、近視の進行抑制があることが報告されました。
1日1回就寝前に点眼します。

近視進行の抑制率は約40%

 

海外では認められている治療法ですが、日本では多施設で臨床研究が進行中で、まだ未認可のため自費診療となります。
3ヶ月ごとに検査・診察をします。1回の検査+診察代=4,000円
点眼は清潔を保つために1ヶ月ごとにお渡しします。薬代=1,500円

  • ※下のイメージは横スクロールでご覧頂けます。

    アトロピン点眼液

PAGETOP