ドライアイ

ドライアイとは

目の表面が乾くことをドライアイといいます。ひどくなると黒目や白目に傷ができ、疲れる、痛い、重い、充血する、ごろごろするなどの症状がでます。また、アレルギー性結膜炎や流涙症(冷たい風にあたると涙がでたり、悲しくもないのにぽとりと涙がでてしまいます)などに発展することもあります。
根本的な治療法はありませんが、対処法として

  • 点眼
  • コラーゲンプラグ
  • 涙点プラグ

があります。

コラーゲンプラグ、涙点プラグ治療は涙の出口(涙点)をふさいで、涙をためる治療です。湯船に栓をしてお湯をためるイメージです。

涙点プラグ

シリコンでできた栓で涙点をふさぐことにより涙をため、ドライアイを改善します。

コラーゲンプラグ

涙の通路にコラーゲンを注入する事により涙をため、ドライアイを改善します。

治療に使われるコラーゲンについて

液体コラーゲンプラグには、医療に幅広く使われているアテロコラーゲンという特殊なコラーゲンが用いられています。アテロコラーゲンは、酵素処理によって得られる、抗原性の低い、且つ安全性の高いコラーゲンです。

しおどめ眼科ではコラーゲンプラグ、涙点プラグ治療ができます。

PAGETOP