網膜静脈閉塞症

フイルムの役目をする網膜の静脈がつまってしまい、網膜の中心部である黄斑(おうはん)がむくんだり(浮腫)、網膜出血を起こす病気です。視力低下や見たいものが歪んで見えたり、視野障害を生じます。中心の静脈がつまるタイプの網膜中心静脈閉塞症では、硝子体出血や血管新生緑内障を合併することがあります。蛍光眼底造影検査や網膜断層検査(OCT)により、病態、病状の進行を把握します。

 

治療には大きく分けて2つあります。

  • 黄斑の浮腫に対しては硝子体注射、ステロイドの硝子体注射・テノン嚢下注射、レーザー治療
  • 硝子体出血や血管新生緑内障の予防目的、もしくは進行抑制目的で、硝子体注射、レーザー治療、硝子体手術

があります。

しおどめ眼科では硝子体注射、ステロイドのテノン嚢下注射、レーザー治療ができます。

硝子体注射

黄斑浮腫を抑える薬を白目に注射します。

  • 点眼消毒・麻酔

    点眼消毒・麻酔

  • 注射

    注射

検査内容

OCT

  • OCT

網膜の疾患や緑内障診断の最新の機器です。

  • 正常な目

    正常な目

  • 網膜静脈閉塞症

    網膜静脈閉塞症

眼底検査

  • 眼底検査

蛍光眼底造影検査

  • 蛍光眼底造影検査

PAGETOP